快適性と利便性を追求!賃貸オフィスとバーチャルオフィスのすべて

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦略的に決める

男女

大阪エリアにも数多くある賃貸オフィスは、戦略的に場所を選定することが大切です。立地や周辺環境、アクセスなどのあらゆる面でビジネスに有利な場所を選んでおけば、円滑に業務が進みます。

More Detail

オフィス機能をプラスする

オフィス

東京エリアの一等地で架空のオフィスを利用できるバーチャルオフィスは、起業家に人気です。さらに、秘書代行サービスや電話代行サービスをオプションで利用できるので、ビジネスに役立てることが可能です。

More Detail

一等地の住所利用

話し合い

東京の一等地で運営しているように登記できるバーチャルオフィスは、IT系をはじめ多くの企業に人気があります。ランニングコストがかからない分、投資や仕入れに回せるため経営にプラスとなります。

More Detail

快適性を追求

会社

企業の顔でもあるオフィスは、従業者や訪れる来客者のことを考えて快適なところを選ぶ必要があります。となると、単に便利で利用しやすいところだけに特化するのではなく、条件を洗い出した上で選ぶ必要があるでしょう。それに、オフィスの仕様は業種によって向き・不向きがあります。ですから、賃貸オフィスを選ぶ時にそれに適したレイアウトがしやすいところを選定するのが一番です。
ただ、何もない情報から物件選定することは難しいですし、イメージできません。そんな時に役立つのが不動産会社であり、法人専用の賃貸や売買を取り扱っているところに相談すれば希望通りの提案をしてくれます。

賃貸オフィスはエリアやそのビルの造りによって変わります。例えば、1フロア1テナント方式のところもあれば混在方式もあります。いずれ1フロアに1テナントであれば、ある程度の敷地面積を確保できますしレイアウトが自由にできるでしょう。逆に混在方式なら適度な広さで家賃が安く利用できます。ここはどちらを選ぶ方がメリットになるかどうかで判断します。
また、賃貸オフィスは、専有部分だけではなく共用部分の確認が欠かせません。だいたい給湯設備や化粧室、エレベーターは色んなテナントが利用することになります。それに、日常的に利用する何気ない設備であることから、問題なく使用できるかどうかの確認が必要です。内見をする際は、利用する想定で共用部分の確認をすることも忘れないようにしましょう。